スポンサーリンク

シンガポールで何食べますか?おすすめグルメ!

今晩は。山下です。

シンガポールに行ったら何を食べますか?どのガイド本を見てもシーフードは外しませんよね。チリクラブが超有名。お店もジャンボ、ロングビーチ、シーフードインターナショナルの御三家だけでなく、レッドハウス、ノーサインボード、パームビーチなどもあります。どの店もローカルチックですが、Geylangのノーサインボード(No Signboard)なんかはとてもローカルチックです。また2人でシッポリであればパームビーチなどはマーライオン公園にありロマンチックになるかも。蟹を食べるのが面倒な人もチリソースを揚パンに付けて食べるととても美味しいですよ。チリクラブだけでなくペッパークラブというのもあります。これはソースという感じではありませんが、とってもいい味になっています。シーフードには多数の方をお連れしましたが、特に男性の方はペッパークラブの方が良かったという方が結構います。また通常ペッパークラブというとブラックペッパーですが、ホワイトペッパーというのもあり、これまた格別です。

と散々シーフードを語りましたが、そうそう毎日シーフードも食べられず、お客様相手で毎日シーフードが続くとちょっと堪りません。そこで頼りになるのがペーパーチキン。ペッパーチキンじゃないですよ。ペーパー(紙)チキン(鶏肉)です。読んで字のごとく、鶏肉を紙に包み肉汁を逃がさないように調理してあります。街中のマンヒルというお店です。日本人には絶対に受けます。お客さんもほぼ100%日本人ですが、、、。またまたローカルチックなお店ですが、誰を連れていっても非常に無難です。

その他にも、チキンライス(蒸した鶏肉を鶏汁で炊いたご飯の上に乗っけたもの)、バクテイ(肉骨茶)、ラクサ(辛いのとココナツミルク混ぜた辛いスープの麺)。私が大好きなのがホーカー(屋台)の手羽先。これとタイガービールだけで大満足になります。

そんな色々あるなかで、今日はLor Meeをご紹介します(これまでは前置きです)。。。ご存じ通り私は無類の麺好き。シンガポールでも前述のラクサやフィッシュボールヌードル、ワンタンミーと皆大好きです。私は”ドライ”で頼みます。麺とスープが別々に出てくるのですが、つけ麺という訳ではありません。どちらかというとスパゲッティーとスープという感覚。そう、麺がシコシコでアルデンテなんです。ラクサにはドライはありませんが、フィッシュボールヌードルなどは是非ドライで。

そんな麺をこよなく愛する私がハマったのがLor Meeです。

Lor Mee

これです。はっきり言って見た目と味は異なります。見た感じとても味が濃そうですが、そーでもありません。店によっては味が無いと思うかも。通常、チリペース、ガーリック、そして黒酢をかけて頂きます。もー色々な味が混じってサイコー!麺もLor Mee専用麺です。ちょっと平たい麺でモチモチ感があるのが一般的。色々なローミーを食べましたが、Old Airport RoadのFood Centreにある新美香卤面(Xin Mei Xiang Lor Mee)ちゅーお店が一番美味しいです。麺100点、スープ90点、乗っけもの80点という私のスコアですが、総合点は高いです。通常Medium Bowlを頼みますが、麺はAddします。プラス50セントです。

恐らく夕方の早い時間には終わってしまうので、朝一行くのがおすすめです。中途半端に9時ごろ行くと30分は並びます。私は7時には行くようにします。7時を過ぎると徐々に行列が長くなっていきますので。

是非ご賞味あれ!



スポンサーリンク

スポンサードリンク

ページトップ